メインイメージ画像

オフィスワークと同じくらいに女性に人気の


オフィスワークと同じくらいに女性に人気の福祉のお仕事は、面接の時にはどういった部分に焦点をあてているんでしょう?一次審査では、前職の実績や経験・スキルなどは理解していると思います。また介護職となれば、「元気になる」「お世話してもらいたい」など、笑顔が多くはつらつとして、利用者には好かれるような人物でなければいけません。それにマンツーマンのお仕事でもあるので、素直さや真面目さも大事な要素となります。そんな意味でも、実際に会って、その人の思いや福祉業界にマッチしている人間なのか、という部分に深く注目しているのです。

今から転職活動をしている皆さんに面接の受け方についてのアドバイスをしたいと思います。

転職では新卒の面談とは違い、仕事の能力を必要とされます社風を乱さないかやどんな性質かを、また何が良い部分か知ってもらわなければなりません。しかしがつがつとして目立つ必要はありませんが、面接官の心をひきつけるような人でありたいものです。それには面接に役立つ座り方など、礼儀を取り入れておきましょう。

違う会社へ転職したいと願っている場合は、面接時の職務経験の説明は必須です。

書類にはそれほど詳しく書けませんが、面接では具体的に職務経験を述べることが出来ます。例えるならば営業でも事務が出来たりと説明してわかる事も考えられるからです。当然ながら能力があるほど重宝されますので、スキルは存分にPRしていきましょう。更に使える資格も同じようで伝えることで内定率もアップします。